あまり適していないデザイン家電の数々

デザイン家電は見た目におしゃれなので、一部の人はすべての家電をデザイン家電に揃えるほど愛用している人もいますが、その反面で、良いとは思うけれど実際に購入はしないという人もいます。それはデメリットに感じている分があるからです。

何に対して抵抗を感じているのか

良いとは思っていてデザインもおしゃれで素敵だと思っていても実際購入まではいたらない人もいます。実際に購入している人の割合は全体で見ると11パーセント程度に留まっていることから見ても、それだけ購入をとどめている人は何らかの理由があるのではないかと考えられます。

購入を思いとどまっている人が心配していること、それは、安全面や信頼性が不安であるということなのではないでしょうか。デザイン性を重視していることで極力操作部分は目立たない設計にしています。

操作部分が目立たないということは直感で操作できないことも多く、利用するときに間違って操作してしまうこともありますし、操作方法がわからないこともあるのです。

日常的に日々使用する生活家電ですので、やはり直感で誰でも操作できるようなわかりやすさは大切でしょう。安全面も大事で家電を使って事故を起こすようなことがあっては困るのです。

よくある誤操作による事故について

これは実際にデザインに優れている家電を使用していて誤操作をしてしまったことによる事故の話です。

例えば電動の湯沸かしポットを沸騰させようとして、操作をしているときに間違ってロックボタンを押してしまったので、熱湯を浴びてしまったということがあったようです。

機能がシンプルでボタンもわかりにくいですから、誤操作しやすいのです。トースターで焼くときに調節方法がわからなかったためにパンを焦がしてしまったというケースもあります。

やはり誰でも直感で操作できるからこそ日常的に使っていてもストレスなく使えるのであって、操作がわかりにくいというのは難しいことでもあります。

ユニバーサルデザインになっているものであれば誰でも使用しやすいですので、安心ですから、もし誤操作してしまうのではないかと不安を持っている人は、デザインに優れている中でもユニバーサルデザインになっている商品を選べばこの問題は解消されます。

ユニバーサルデザインのものを選ぶ

ユニバーサルデザインのものはデザインが共通しているという意味を持っているので、販売メーカーが違っていても操作方法がある程度直感で分かるようにデザインされています。

デザインに優れた家電を設計する中で独自の意匠性を考えて設計しているので、ユニバーサルデザインを取り入れて設計することはかなり難しいことかもしれませんが、操作しやすく誰でも操作することができて尚且つ、デザイン性に優れているユニバーサルデザインの製品を選ぶと良いでしょう。